米雇用統計について。

米雇用統計の発表後に、一撃でドル円が40PIP~100PIPS動くことが多いので、一気に数万円~数十万円の爆益を得たいFXトレーダーが米雇用統計前に、ドル円のポジションをとっています。この米雇用統計の結果を予測するのは、とても難易度が高いため、米雇用統計前にポジションを取ることはギャンブルだと言われているので、お金を絶対にうしないたくないFXトレーダーは米雇用統計前にポジションを取ることをしないようにしましょう。そうはいっても、米雇用統計の魅力に負けてしまい、米雇用統計前後にポジションをとってしまうんですよね。今回は、米雇用統計について詳しく書いていくぜ。

米雇用統計に参加することの利点。

米雇用統計の予想を的中させれば、自分の予想を大きく上回る利益を得ることができる

米雇用統計の予想を的中させれば、自分の予想を大きく上回る利益を得ることができるため、一日で会社員の数倍ものお金を稼ぎたい人は米雇用統計に参加することをおすすめします。其の反対も然りで、米雇用統計の予想は外せば、自分の予想を大きく上回る損益を叩き出すことになるため、お金を絶対に失いたくない人は、米雇用統計に参加しないことをおすすめします。

米雇用統計後のトレードに毎回参加することで、米雇用統計後の値動きがわかるようになる。

米雇用統計後のトレードに毎回参加することで、米雇用統計後の値動きがわかるようになり、米雇用統計後のFX取引で利益を生み出すことができるようになるかもしれない。ただ、米雇用統計の後の値動きは、FX初心者の予想を大きく上回る難易度を誇るため、FX初心者は米雇用統計に無理に参加することだけは避けるようにしておこう。

米雇用統計で痛い目に会うことができる。

米雇用統計の予想を外して、米雇用統計で予想を大きく上回る損益を出すと、米雇用統計はリスクが高い経済指標なんだということを理解するようになり、米雇用統計発表前後にFX取引を行わなくなります。当然、米雇用統計に参加しなければ、、米雇用統計で損益を出すこともなければ、米雇用統計で利益を出すこともありません。

米雇用統計の発表後の値動き

非農業部門雇用者数と失業率の数値が、予想よりも良い数値に。

米雇用統計の非農業部門雇用者数と失業率の数値の結果が、事前の非農業部門雇用者数と失業率の数値の予想を大きく上回る結果になると、ドル円が一日で100PIPS ~200PIPS上昇していきます。このような局面では、ドル円をひたすらロングするだけで利益が出ますが、ドル円をショートするとあっという間に損益が出ます。

非農業部門雇用者数と失業率の数値が、予想よりも少し良い数値に。

米雇用統計の非農業部門雇用者数と失業率の数値の結果が、事前の非農業部門雇用者数と失業率の数値の予想を少し上回る結果になると、ドル円が一日で50PIPS上昇した後に、20PIPS程下落していきます。このような局面では、ドル円が50PIPS以上上がりきったところで、ドル円ショートをするのが一番安全に利益を出すことがきでる。

非農業部門雇用者数の数値が大幅に良いのに、失業率が予想通り。

米雇用統計の非農業部門雇用者数の数値の結果が予想よりも大幅に良いが、失業率の結果が予想どおりだと、ドル円が40PIPSほど上昇した後に、ドル円が雇用統計発表前の数値まで全戻ししていきます。このような局面では、ドル円が40PIPS以上上昇したところで、雇用統計全戻し狙いでドル円ショートをするのが一番なんじゃないのかなと思いますね。

非農業部門雇用者数の数値が少しに良いのに、失業率が予想通り。

米雇用統計の非農業部門雇用者数の数値の結果が予想よりも少しに良いのに、失業率の結果が予想通りだと、ドル円が20PIPS程上昇した後に、ドル円が雇用統計発表前の数値まで全戻ししてきます。このような局面では、ドル円が20PIPS上昇したところで、雇用統計全戻しを狙いでドル円をショートするか、損益を出さないようにするためにポジションを取らないことが第一ですね。

非農業部門雇用者数の数値が予想よりも大幅に悪く、失業率は予想通り。

非農業部門雇用者数の数値の結果が予想よりも大幅に悪く、失業率の結果が予想通りだと、ドル円が50PIPS程下落した後に、ドル円が雇用統計発表前の数値まで、全戻しすることが多いですね。このような局面では、ドル円が50PIPS下落したところで、雇用統計全戻し狙いでドル円をロングすることが最良の選択といえます。

非農業部門雇用者数の数値が予想よりも少しだけ悪く、失業率は予想通り。

非農業部門雇用者数の数値の結果が予想よりも少しだけ悪く、失業率は予想通りだと、ドル円が20PIPS~30PIPS下落した後に、ドル円が雇用統計発表前の数値まで全戻しすることが多いですね。このような局面では、ドル円が20PIPS~30PIPS下落したところで雇用統計全戻し狙いで、ドル円をロングすることが一番最高の選択だったりしますね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です